海外観光・オプショナルツアーならJTB

TOP  >  ミャンマー  >  ミャンマー現地情報  >  日本人にも食べやすいミャンマー料理を歴史的建造物で!

日本人にも食べやすいミャンマー料理を歴史的建造物で!

ミャンマー料理_ハウスオブメモリーズ

せっかくミャンマーに来たのだから、ぜひ挑戦してみたい現地の料理。特にミャンマーカレーは一度は食べていただきたい一品。

しかしながら、ミャンマーカレーは非常に多くの油を使った料理として有名で、実際のものは日本人からすると、
かなり食べにくいと感じるでしょう。この油の多さは、暑い国で電力の供給がままならない時でも保存が利くように、
またかつては、油が多い事が贅沢だといういう風習があったためとの事。

今では、昔に比べ油を使う量は減ったそうですが、それでも日本人の目から見ると、かなりの量が使われているように思います。

このハウスオブメモリーズというレストランでは、油が極力に控えられており、外国人にも美味しく食べやすいミャンマー料理
を提供してくれます。ミャンマーカレーはどれも絶品!ポークとマンゴーピクルスのカレーや海老のカレーなどどんどんご飯が進みます。

メニューは他にもタイ料理やチャイニーズなどがあり、各国の料理をお召し上がりいただけますが、やはりここはミャンマー料理
をおすすめします。

そして食事だけでない魅力がこのレストランには隠されています。
「独立の英雄」として現在もミャンマー国民に愛されているアウンサン将軍が、軍の司令部としてこの建物を使用していたため、
店内の2階には、アウンサン将軍の執務室だった部屋が実際に使用されていたデスクやタイプライターなどとともに残されています。

170年以上も前に建築された総チーク造りの情緒漂う店内もとても赴きがあり、この国の歴史を感じさせてくれることでしょう。
ミャンマー旅行の際は、足を運ぶ価値のあるレストランと言えます。
 

ハウスオブメモリーズに行けるおすすめのMy Busオプショナルツアーはこちら!
独立の英雄 アウンサン将軍ゆかりの地を巡る